いとわくすのコンセプト

いとわくすのコンセプト

私たちは『いとわくす』は、会社というものを、「経営者*と社員にとって価値あるビジョンを実現するための組織」と定義しています。 (*経営者:企業経営者と部門経営者の両方を指す) それを統合的に機能させるためには以下のような状態をつくらなければなりません。

  1. 価値ある「会社のビジョン」と、それを実現するための「大きなシナリオ」が
    明確になっている。
  2. 社員が「会社のビジョン」に共感し、その実現に向けて、個人が持っている力を
    充分に発揮している。
  3. 個人の力が、「足し算」ではなく「チームワークとしての掛け算」になり、
    組織力の最大化が図られている。

私たち『いとわくす』の最大の使命は、「ビジョン・戦略を実現するという活動を通して、会社という生命体がいきいきと進化し続けていくためのサポートをすること」です。 本来、会社のビジョンとは、他ならぬ自分たちが決めた「腑の底から納得し実現したいと思える夢」であり、ワクワクするようなおもしろいことなのです。そして、そのビジョンには、実現のシナリオが、マイルストーンごとのゴールと期限とともに準備され、全員がそれに向かっていきいきと活動している。その場面でのコミュニケーションを通じて、つねに、よりよい行動と協力が生み出されている。その結果、ビジョン(夢)が形になる。これが、私たちの描く“It works.”という状態のイメージです。このような状態が継続的に実現すれば、会社の業績は間違いなく向上します。 『いとわくす』は、そのために何をすべきかを、クライアントである皆さまと共に考え、共に実行していく会社でありたいと考えています。